The directional particle へ could be said to be a more literary version of the target particle に when the particle is used to denote a direction of movement. It is never used in conversation, but will be seen in the JLPT examinations from N5 onwards.

学校がっこうに きます。
I will go to school.
学校がっこう きます。
I will go to school.
友達ともだちに 手紙てがみを おくります。
I will send a letter to my friend.
友達ともだち 手紙てがみを おくります。
I will send a letter to my friend.

Nor does the direction of movement need to be physical.

【A】から 【B】に かわります。
To change from A to B.
【A】から 【B】 かわります。
To change from A to B.

The へ particle cannot, however, be used to mark an objective, as a location marker, or as a time marker.

友達ともだち います。()
友達ともだちに います。(OK)
I will meet my friend.
ほんは ボックスの なか はいっています。()
ほんは ボックスの なかに はいっています。(OK)
I will meet my friend.
4時よじ いえを かけます。()
4時よじに いえを かけます。(OK)
I’ll leave the house at 4 o’clock.

Send this to a friend